踊らされていないか?

踊らされていないか?

昔は、トレンド(流行)は各団体の思惑で造られたものだったのが、今では明らかになっているかと思います。

今も似たように、目新しい新発売商品に踊らされていないでしょうか?

人は目の前に、美味しそうな物や、欲しがる物などが、目の前にぶら下がると、自然に物欲が刺激され欲しくなります。

その魔法の箱がTVなのは明らかですね。

考えてみてほしいのは、何故、民放は無料でTV放送が出来るのだろうか?

娯楽番組の間にCMが流されるが、CMは広告費を払い、娯楽番組を作る費用となっています。

人はこの娯楽番組を見るためにTVを購入し、TVの受信料を払い、電気料金を払い、時間を割いて見ていますが、TV放送側はCMとCMの間に、視聴者がTVを診てもらうために、視聴者受けする番組を作り、CMとCMの間に、娯楽番組を放送しているのです。

人は娯楽番組を見るつもりで、TVを見ているつもりだろうが、TV放送側は主はCMであり、CMを診てもらうために、視聴率を気にして、娯楽番組を作り、CMとCMの間に娯楽番組を放送しているに過ぎないのです。

CMを見た消費者は、そのCMを覚えてしまい何らかの購入する際に、CMで流されていた商品を興味本位で購入してしまう事も多いのでは無いでしょうか。

TV放送側にとって、CM間に流す娯楽番組なので、演出という名の嘘がてんこ盛りであろうが、視聴者受けする事は何でもするのは必然ですね。

タダほど高い買い物は無く、TV視聴者は高額商品をCMで誘導され、購入に至るのは当然の事なのだが、悪質なのは嘘の情報を垂れ流し、日本国民を欺罔して、政治的意見を捻じ曲げられる事が、現在は由々しき行為であると求められる所である。

これを是正するにはTVを廃棄するのが、手っ取り早い方法と言えますね。

NHKを見たくない人にとっても、NHKの呪縛はTVを設置する事で発生してしまうんです。