貴方は生きている価値が有るのか?

貴方は生きている価値が有るのか?

雇用による労働の対価は、労働時間に対する時間当たりのお金に換算され、お金を支払うだけの存在でしかない。

しかし、時として会社は見返りは無いのに、会社を家族以上に愛する事を求める。

その人によって、最も大切にすべき存在は何かと問われたら、生きていくためには、お金が無くては生きて行けない。だから、仕事が大事で、家族は二の次という人も多いと思う。

働いている中で、五体満足で働いているうちは、会社も貴方を大切にするだろう。しかし、何かの病気で働けなくなったら、会社は貴方を大切にはしてくれない。そう、貴方は会社にとって金づる以外の存在では無いからだ。

最後に支えてくれるのは、家族であったり、貴方を大切にしてくれる人間なのだ。

どんなに時代が変わろうとも、会社に魂を売り渡し、飼育されるペットになってはいけない。

ましてや、ブラック企業で不当に労働賃金を払わない等の人権侵害の会社に勤める理由は無い。

人として生きる権利を主張できるのは、本人だけである。

世の中には、善人面して、嘘を言って騙し取るのは、犯罪者的な詐欺師だけじゃ無いのだ。

勉強して覚える事、権力者(先生や上司)などから従順になる事だけを教わってきた人は、隷属されていても抵抗する事無く、隷属するだけしか出来ないのかもしれないが、戦い方を学ぶ事は出来ると思う。

愛する者を愛するために、人は奪う者から戦う事が必要な時がある。

貴方に生きる価値が有るかどうかは、貴方の生き方次第だとは思いませんか?