もう、つまらないTVは捨てよう!

もう、つまらないTVは捨てよう!

もう北朝鮮問題も飽きて来ましたが、森加計問題も飽きたと思いませんか?

北朝鮮問題は日本の国家安全保障にかかわる重大な問題だとは思うが、空の上の話が飛び交っている様であり、日本は間接政治なのだから、国民の負託を受けた代議士が、必要に応じてしかるべき対処をするだけでは無いだろうか?

森加計問題も、報道されている事が違法行為であるならいざ知らず、問題だとされている事が1年も同じ様に騒がれる程の問題なのかが疑問である。

マスメディアがオオカミ少年の如く、人の関心を求めるだけの存在で、実は何も無いことが明らかになるにつれ、マスメディアの話を聞く事自体が無駄な様に思えて来ました。

ニュースはネットにて知る事が出来るので、TVを持つだけで受信料と言って金を奪うNHKには我慢出来ないのと同時に、時間を割いて見るだけの価値を見出せず、僕はTV一式をリサイクルに出してしまいました。

おかげで毎月のNHK受信料の無駄な出費が減り、TV一式の代金の15,000円をもらいました。それにより、NHKの呪いから解放されて、僕は自由を感じています。

何故、自由を感じられるのだろうかを考えてみます。

人が家畜の様に縛られた状態とは何かを考えると、一つはパチンコがあげられると思っています。

パチンコの台に座る事で縛られ、パチンコ台の雑音と光の刺激で、脳がマヒし、雑念が消え去り、思い煩いから解放され、自由を感じられるかもしれないが、パチンコから離れると、現実世界が待っていて、思い煩いから一時しのぎで、逃避していたのが分るでしょう。

TVも同じで、見ている事で、思い煩いから解放され、肩の荷を下ろす事が出来、ストレスから逃れられるかもしれないが、TVを見終わると、現実世界が待っている。これも、パチンコと同様に一時しのぎで、逃避していたのが分るでしょう。

いくら逃避しても、それは一時しのぎでしか無く、何時かは現実と直面せざる負えないですし、それよりも、問題を直視し解決策を考えるのに、インターネットは非常に有益です。

新たな発見、新たな刺激で、新しい問題の解決策が見いだせ、それにより自由になるのです。

逆にパチンコやTVは、限られた情報や刺激を押し付けられる事しか出来ません。

ネットで検索すれば2、3分で分かる事を、TVの1時間番組でCMを見せられた上で、知らされたりします。

もう既にTVは過去の遺物と化していると思います。TVを捨ててみた時に初めて自由な時間が生まれ、その自由な時間で考える事が出来るのです。これは本当の人として生きる自由を得た感じがします。

考えもせず、家畜の様にTVに飼育されるのは、もう辞めにしましょう。